上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.29 六厘舎@大崎
ブルンブルンの実を食べちゃったんだよ

2010-08-29-01

千駄木の大行列店、TETSUを食べ終えた帰りに一緒に食べに行った
先輩に教えてもらったんですよ。



地元の方、大崎にも美味いつけ麺出すトコがあるよ。
六厘舎って言うんだけど。



それが六厘坂を駆け上がるキッカケでした。



一度行ってからはすっかりハマっちゃって、毎週土曜・日曜には
六厘坂を駆け上がって行列に加わってたりしたなぁ~。

佐野実さんの番組に出演した後の週末には2時間待ち以上の大行列。
それでもあのつけ麺が食べられると思うと、並びも苦じゃなかったもんです。


開店直後から通っている超常連さん達には適わないものの
個人的にはかなり思い入れのあるお店が移転の為、閉店すると。



そりゃ行くしかないですよね。ヽ(´ー`)ノ

2010-08-29-02

普段、仕事の日でさえ布団からなかなか抜け出せないクセに
その日に限ってはパッと目が覚め、大崎駅で友人と待ち合わせ。

2010-08-29-042010-08-29-03

8時前に到着したものの、並びは既に50人超とか。9時過ぎには100人突破の声も。
長丁場での熱中症を予想してかお店からミネラルウォーターの配給もありました。

2010-08-29-062010-08-29-05

そこから約4時間、ようやく暖簾をくぐる事が出来ました。

厨房には三田店主はじめ現ジャンクガレッジ@東大宮の高山店主など
懐かしいスタッフさんらの顔も見えて、その頃に通っていた身としては嬉しくもあり。

2010-08-29-072010-08-29-08

いや、それより何より三田店主が厨房にいるってのが一番嬉しかったかな(笑

2010-08-29-09

辛つけ(大盛)+味玉+豚のせ

2010-08-29-102010-08-29-11

負死鳥カラスさん@浅草開化楼と折衝を重ねて完成させた極太麺に
濃度・粘度の共に高いつけ汁。初めて食べた時は文字通りホントに衝撃でした。

てか、増した豚が突き刺さってますね(笑

2010-08-29-12

今まで何度も行ってきた、麺をつけ汁に浸すという行為。
一回一回の行為でこれほどまでに寂しさをこみあげさせる事はなかった。


次のロットのお客さんが待っているのは重々承知。
でもじっくり堪能させていただきました。

2010-08-29-132010-08-29-14

辛つけにしたので、一杯目をデフォでお替りをもらってそちらで
辛味をまぶした麺で・・・って、「ヤダ」って言うなよ(笑

2010-08-29-15

もちろん最後はスープ割もしてね。( ̄∀ ̄)

2010-08-29-162010-08-29-17

食べ終わってもスグに帰る気にならず、店の前で何となく途切れる事のない
行列を眺めてたりした。そして15時、売り切れの表示が最後尾に置かれる。

2010-08-29-182010-08-29-19

そして暖簾が仕舞われ、三田店主や瀬戸口店長の最後の挨拶。

並び中に挨拶を交わした三田店主や注文を取りに来た越場さんと話をしても
明るい感じだったので、さほど寂しさは感じなかったけど、やっぱ暖簾が仕舞われる時は
グッとくるものがありました。


これだけの大行列店になってしまったので、移転先はおいそれと見つからないかも
しれないけど、ジックリ探して欲しいですね。

あ、出来れば城南地区で・・・って無理か?(苦笑

2010-08-29-20

ご馳走様でした!!


そしてありがとうー!。・゚・(つД`)・゚・。


つけ麺・中華そば 六厘舎
●住所
東京都品川区大崎3-14-10
●営業時間
11:00~16:00(L.O.)
●定休日
火曜
●最寄駅
JR山手線「大崎」徒歩8分
●麺
浅草開化楼
●公式HP
http://www.rokurinsha.com/
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mentosiru.blog117.fc2.com/tb.php/814-471f50d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。